いただきますを考える会ロゴ中.png

いただきますを考える会

いただきますを考える会は持続可能な食の未来を考える集まりです。

魚をきっかけとして繋がり、仲間と「思いを紡ぎ、命を紡ぐ」

そんな「食」の明るい未来の為に、皆が協力できる体制を作りたいと願い、私たちは「いただきますを考える会」を立ち上げました。

松尾さん_edited_edited_edited.jpg

​日本料理 柏屋 松尾英明

はじめまして、「いただきますを考える会」の松尾と申します。

 私が近畿大学農学部・水産研究所の澤田教授と出会い、海の環境と水産資源の枯渇、それが魚食を主とする和食の未来について、澤田教授と共に危機を共有する和食料理人が中心となり「いただきますを考える会」が発足しました。

この会は、飲食店が持続可能な取り組みを行う価値観を広げる活動をしています。


食の連携

 将来世界人口が増加し、また地球規模の気候変動の影響が強くなると予測されるなかで、私たちが健康で豊かな生活を送るための基本中の基本の「食」が、量の不足、質や多様性、文化的な価値の低下など、大きな課題を抱えています。私はそれらの課題解決には「食の連携」が必要だと考えています。

 食材を供給する大元は農業と養殖を含む漁業ですが、それらが個々に課題に取り組むことでは直面している課題は解決できません。例えば農業と漁業・養殖業は連携して豊かな食材を提供してゆくことが必要です。私たちはどちらの生産物も食べているのですから。また、それだけでなく、農業、漁業、養殖業といった生産者と、それを提供する飲食店や販売店、さらにはそれをいただく消費者、もっと言えば加工業、運送業、廃棄物処理業などが「連携」しないと解決できない問題ばかりです。

 「いただきますを考える会」は、そんな問題意識を共有する人たちが集まって具体的なアクションを議論することで始まりました。まずは主要なメンバーの関連分野の和食で消費される魚について活動を始めようということになり、サステナビリティーのシンボル的存在を開発、普及して「食」に関連する人たちの意識と行動に変化を起こそうとしています。

 「食の連携」では、お互いの気持ちを良く考える、理解することが鍵になります。そうでないとうまく「連携」はできません。それを基本にそして大切にすることで、健康的で豊かで幸せな食生活を送れるようにしたいと思っています。

memb1_edited_edited_edited.jpg

 私たちは、料理人と生産者だけではなく、養殖業者の方、漁業者の方、流通、加工、販売、廃棄物処理に至る「食の」様々な分野に広がってゆき、それらの人々が平等な立場で議論し、活動してゆくことを望んでおります。「食」の問題は、料理店のみ、生産者のみでは解決できないと思っているからです。

 さらには、「いただきますを考える会」のロゴに緑の模様が採用されているように、水産の分野だけではなく、農業でのこれらの各分野、そして器や「食」の場所となる建物などを提供する林業の分野にも広がりを持ってゆくことを望んでいます。「いただきます」は料理人や生産者だけが思うことでは無く、万人に共通する、日本だけではなく、世界に通用する良い概念(食料として犠牲になってくれている命やそれを獲り、作り、運び、加工・調理し、また廃棄物を処理してくれる人々への感謝の心)であるとも思っています。

「想いを紡ぎ、命を紡ぐ」
​食の未来を考える

食を未来にも引き継いでいきます

未来も食べ続けられる水産物・農産物の開発・発見・普及に努めます。

食に関わるご縁を大切にします

生産者、料理人、お客様。関わるすべての一期一会を大切にします。

真っ当な食の価値観の普及に努めます

これまでの日本に根付く不当な養殖魚などの価値観を見直し、今後の食文化の発展に努めます。

美味しい+発見を行います

料理の技術で未来も食べ続けられる食材(魚・農産物)の新しい料理を開発します。

 

集合写真白衣小.png
お問い合わせ

送信ありがとうございました